毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
19
 
今日は「寝だめ」も危険!寝すぎると悪影響


アメーバニュースより

3月17日12時00分

提供:美レンジャー


  休日の「寝だめ」も危険!実は寝すぎると体に悪影響アリ



  ■寝すぎるとタイミングを逃す!
    
  「睡眠には、起きやすいタイミングというものがあり、

  そこで起きないと眠気が起きやすいということが、1つにあります。

  また、必要睡眠時間よりも長すぎる眠りは、浅い眠りをとりすぎて

  しまうことになり、ぐっすり眠ったという実感が得にくくなります」

  普通、睡眠中は一晩の間にレム睡眠(浅い眠り)と

  ノンレム睡眠(深い眠り)を3~5回交互に繰り返しています。

  つまり、浅い眠りは夢も見がちで、余計疲れてしまうので、体に

  良くないようです。

  ■レム睡眠時は自律神経が不安定

  そしてレム睡眠の時は、体は休んでいるものの、脳は深い休息状態

  でないため、血圧の変化が激しくなったり、心拍や呼吸が不規則に

  なり、自律神経が不安定な状態になります。

  そのため、こういう時は体が緊張しやすく、持病が発症しやすく

  なる危険もあるのです。

  ■「あと5分……」が体内時計を乱す!

  ちなみに、十分な睡眠がとれているのに、「あと5分……」を

  繰り返すのは、浅い眠り(レム睡眠)を続けてしまう原因にもなります。

  このように浅い眠りを続けてしまうと、体内時計が乱れます。

  この体内時計は、自律神経だけでなく、ホルモンにも非常に

  影響を与えています。

  体内時計が乱れると、抗酸化作用のあるホルモン“メラトニン”の

  分泌が乱れ、細胞にダメージを与える活性酸素を除去する作用が

  おろそかになります。

  また、中性脂肪を分解してくれ、筋肉量を増やす成長ホルモンの

  分泌も乱すので、体内時計が乱れるとダイエットの効果も下がります。

  最後にもうひとつ。おもしろいことに私たちは24時間というサイクル

  の中で生活をしていますが、体内時計は25時間に設定されています。

  1時間の誤差を、睡眠中にリセットしないといけないところ、余計に

  寝てしまうから乱れてしまい、疲れも癒されない状態になってしまう

  のです。

  いかがでしたか? レム睡眠とノンレム睡眠は、人それぞれ

  ちょっとずつ違うものなので、自分に合ったベストタイミングに

  パッっと起き上がるようにして、余計な疲れを溜めないように

  気をつけましょう。



ええ~

早速明日・・・休みなので寝だめしようかと・・・

ダメなんですか

でもしたいという人間の欲求には勝てません(笑)

明日の私のみぞ知る

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/1000-df88775f

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。