毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08
 
今日は自宅でもうっかり裸になれない

産経ニュースより

2012.4.8 04:00[世界おもしろ法律事典]

  自宅でもうっかり裸になれない-シンガポール



   シンガポールという国は何かと規制が厳しく、

  罰金と刑罰の国としても、つとに知られている。そして、

  日常生活での「うっかり」が、犯罪になってしまうことも

  少なくない。

   かつてこんな事件があった。ある日の早朝、20代の若き

  女性が、マンションの12階にある自宅の窓から外を眺めると、

  向かいにあるマンションの1室の寝室に、男性が全裸で立って

  いるのが見えた。男性は30代。カーテンと窓は開け放たれ

  扇風機が回り、女性が見ていることに、男性は気づいていな

  いようだった。

   その日は「たぶんカーテンを閉め忘れたんだろう」と、

  彼女は思った。ところが、翌日も同じ光景が目に入った。

  女性は警察に通報し、男性は逮捕された。

   根拠となったのは、公序・迷惑行為に関する法律。

  184条27Aは次のように規定している。

   「何人も公共の場所、または私的な場所であっても、

  公共の場所から見えるところで裸になってはいけない」

  この条項に違反すると、2000シンガポールドル(約13万円)

  以下の罰金か、3カ月以下の禁錮刑、またはその両方が

  科せられる。184条27Aにはまた、自宅など私的な場所

  であっても、警察は家主や居住者の許可を得ることなく踏み

  込むことができる、ということも明記されている。

   たとえ自宅であろうと、おちおち裸ではいられないのだ。

  風呂上がりにバルコニーで裸で一杯、一服というのも禁物だ。

  朝起きて、裸のままカーテンを開け、天気がいいからといって、

  背伸びなどしてはいけない。

   要は外から見えないようにすればいいわけで、ちゃんと

  カーテンを閉めるか、服を着てからカーテンを開けよう。

  (シンガポール 青木伸行)



他人から見える所での全裸はちょっといけませんね

見る方はいい気分ではありませんし

子供も見えるとなったら問題ですよね

逮捕は怖いですが・・・

人から見える所は配慮しないといけませんね

しかしカーテンをしてても

薄くて透けるものだと・・・きっとだめでしょうね(笑)

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/1011-fa25758d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。