毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18
 
今日は子供支援、臨床道化師が活躍

産経ニュースより

2011.5.18 14:30

  心底、笑って元気を 子供支援、臨床道化師が活躍



   東日本大震災の被災地で入院生活を送る子供たちに笑顔を届けようと、

  病床を訪れてパフォーマンスを行うクリニクラウン(臨床道化師)が

  活躍している。国内唯一の団体「日本クリニクラウン協会」(大阪市港区)

  が無償の特別派遣に取り組んでおり、今月も17~18日の日程で

  宮城県を訪問。協会設立者で事務局長の塚原成幸さん(44)は

  「心の底から元気づけたい」と話している。

   17日、仙台市青葉区の東北大学病院。小児病棟に入院する

  約60人の子供を前に、仮装した塚原さんらメンバー2人が

  ハーモニカやマラカスで音楽を奏で、保護者や医師らと一緒に

  おどけた表情で皿回しやダンスを披露すると、子供たちは笑顔に包まれた。

   クリニクラウンは、クリニック(病院)とクラウン(道化師)を

   掛け合わせた造語で、入院している子供たちの心理的なケアが目的。

  治療前の不安払拭に力があるとされる。欧米を中心に約30年前から
 
  活動が始まり、保健衛生や心理学の知識も必要で、国内では平成17年

  に設立された同協会の認定試験に合格した15人が活動している。

   協会設立当初は病院の理解が得にくかったが、近年は「医療行為」

  として認められるようになり、協会は月に20回のペースで全国各地

  の病院に派遣している。

  震災後、塚原さんは被災地の病院に入院している子供たちの心理ケア

  の必要性を痛感し、寄付金をもとに被災地の病院を無償で回る月1回の

  特別派遣を決定。4月から活動を始めた。

   塚原さんは大学卒業後、欧米に渡り道化師パフォーマンスを学んだ。

  帰国後、遊園地などで活動していたが、平成7年の阪神大震災で

  ボランティア活動に取り組み、つらい状況下でも笑顔を忘れない被災者の

  姿に感動。「心の底から人を楽しませ、元気づけたい」と思い立ち、

  独自に医療の知識を身につけたという。

   「コミュニケーションを促すことで、子供たちの病気や治療に対する

  恐怖感を除ける」と塚原さん。「少なくとも来年3月までは特別派遣

  を続け、笑顔を届けたい」と話している。


いいですね

臨床道化師という言葉はあまり聞き慣れませんが

このような活動はなんとなく知っています

笑顔にしてあげることはとてもいいですね

素敵な笑顔が増えることを期待しています

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/737-f0ee6c35

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。