毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
13
 
今日は宮崎世界最大級の太陽電池工場

毎日新聞より

6月13日(月)13時15分配信

  宮崎・国富に世界最大級の太陽電池工場 

  900メガワット生産へ


   ソーラーフロンティア(東京都港区)は10日、宮崎県国富町で

  7月フル操業を予定している太陽電池製造工場を報道陣に公開した。

  県内3カ所目となる同工場は、東京ドームの約8.6倍に当たる

  約40万平方メートルの敷地面積で建物面積は15万8000平方メートル

  で年間900メガワットの電池が生産可能となる

  世界最大級の太陽電池製造工場という。

   国富工場は11年2月から段階的に稼働を開始。

  東京ドームの約8.6倍に当たる約40万平方メートルの敷地面積で

  建物面積は15万8000平方メートル。従業員数は約800人で、

  製造装置の大型化、生産工程の自動化やモジュール面積の大型化で

  生産効率が高いCIS薄膜太陽電池の生産を実現し、日本だけではなく

  ドイツ、米国を拠点に太陽電池を世界中に販売していく。

   同社は、昭和シェル石油の100%子会社で、07年から宮崎市に、

  第1工場で20メガワット、第2工場で60メガワットを生産しているが、

  国富工場では装置の大型化・自動化やモジュール面積の大型化を実現、

  フル稼働で住宅約30万世帯分・原子力発電所約1基分に相当する

  900メガワットの生産が可能で、 3工場合わせて約1000メガワット

  の生産を予定している。

   製造されるのは、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)の

  化合物からなるCIS薄膜太陽電池。朝夕の波長の長い光を取り入れやすく、

  太陽光に光を当てると実際の出力が定格出力を上回り、影に強い回路構成

  という3点が大きな特徴という。現在主流の結晶シリコン系太陽電池に比べ、

   年間発電量が約 8%も上回る実績が報告されており、吉田博工場長は

  「太陽を浴びると元気になる」と語り、まだまだ研究開発の余地は十分に

  あり、量産規模の拡大でコストダウンも予想できることから次世代型の

  太陽電池としての可能性が期待されているという。

   同社の3工場がある宮崎県は、日照時間・快晴日数とも全国3位という

  恵まれた環境で、国内でも太陽光発電システムの普及に特に力を入れ、

  太陽光発電普及率も全国2位を誇る。県は「太陽と緑の国  みやざき」

  をスローガンに09年3月に「みやざきソーラーフロンティア構想」を

  打ち立て、宮崎大学などと産官学一体となった太陽光発電推進事業に

  取り組み、太陽光発電のモデル地区としても注目を集めている。

   東日本大震災による福島原発事故以降、原発に代わる発電への関心が

  高まる中、太陽電池についての問い合わせは増えているといい、

  吉田工場長も「東日本が(大震災で)元気がない状態なので、太陽電池を

  生産することで西日本から元気を発信したい」と意気込みを語っている。

  (毎日新聞デジタル)



いいですね~

太陽光発電システム

将来を見据えてますね

「原子力発電所約1基分に相当する900メガワットの生産が可能」

これには驚きです

期待してます

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/763-f1755989

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。