毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
今日は「季節性うつ」にご用心

Yahoo!!JAPANニュースより

web R25 11月6日(日)7時15分配信
 
   寒くなると気分も落ちこむ!

  「季節性うつ」にご用心



  木枯らしと孤独が骨身に染みる…秋が深まるとなんとなく

  悲しい気持ちになるといわれているけれど、はたして秋の

  物悲しさには医学的な根拠はあるのだろうか? 真相を確かめるべく、

  精神科医のゆうきゆう先生(ゆうメンタルクリニック総院長)

  に聞いてみた。

  「心理学の研究では“身体の温かさ”と“心理的な温かさ”には

  密接な関係があるとされ、気温が下がるにつれ気持ちが落ち込む

  と言われています。しかし、強い落ち込みが続く場合には

  “季節性うつ”を疑う必要があります」

  なんと季節の変化が引き起こすうつ病が存在するというのだ。

  エアコンの使用が一般的になり夏に体が冷えてしまうなど季節の変化

  に対応しにくくなった現代人。季節性うつは自然な生活リズムを

  崩してしまった人がかかりやすい病気なんだとか。

  「なかでも10月から3月頃にみられる“冬季うつ”は、過食、

  過眠なども主な症状としてあげられます。秋になり日照時間が短くなる

  ことで、メラトニンというホルモンの分泌に異常が起こり体内時計が

  狂ったり、神経伝達物質のセロトニンが減ることによる脳の活動低下

  が原因と考えられています」

  では、冬季うつを防ぐためにはいったいどうしたらいいの?

  「うつ病の治療法のひとつに日光に近い光を一定時間浴びる

  “高照度光療法”というものがあります。人の体は日に当たることで

  体内時計を調節しているので、意図的に光を浴びて体内バランスを

  整えるのが目的です。なので、手っ取り早く冬季うつを予防するなら、

  夜は早く寝て朝一番にカーテンを開け太陽を浴びること。

  うつ病予防にはホルモン分泌や体内のリズムを整えることが何より

  も大切です」

  スポーツの秋、読書の秋などいろいろな過ごし方があるけれど、

  憂鬱な気分に陥らないよう秋の夜長は早寝するに限るようです…。

  (有栖川匠)(R25編集部)



そういう鬱病があるんですね

知りませんでした

確かに現代は夏は寒いくらいに冷えていることがあります

さらにインターネット時代ですから部屋を出なくてもお買い物もできる

太陽の日を浴びない日も出てくる方もいるでしょうね

まあ・・・

私はどこかに出かけたい派ですから大丈夫です

みなさんも健康のために規則正しい生活を

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/898-028fe25c

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。