毎日!!あげりん

 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
06
 
今日は「生活の質」が高い都市

アメーバニュースより

1月06日16時00分  提供:NEWSポストセブン


  「生活の質」が高い都市

  生活の質高いチューリッヒ 

  FIFA本部さえ景観規制で3階建て


  
  アメリカの人事コンサルティング会社・マーサーが、毎年、

  世界200都市以上を対象にランク付けして

  「生活の質」が高い都市を発表している。最新のベスト5は、

  1 位ウィーン(オーストリア)、2位チューリッヒ(スイス)、

  3位オークランド(ニュージーランド)、4位ミュンヘン(ドイツ)、

  5位デュッセルドルフ(同)で、日本は東京が46位、

  横浜と神戸が49位。上位にランクされたオーストリア、

  スイス、ドイツの各都市には共通点がある、と大前研一氏

  が解説する。
 
  それはまず、歴史・伝統・文化があって安定していることだ。

  言い換えれば、都市の価値の破壊につながる新しいことは何もしない。

  古いものを堅固に守ることで価値を維持している。

  たとえばチューリッヒは、山に囲まれたチューリッヒ湖の周りに

  街があるが、湖の対岸から見た美しい景観を守るため、高層ビル

  を建てさせない。建物の容積を増やす時は、地下を深くして

  地上部分は3階ぐらいまでに規制している。FIFA(国際サッカー連盟)

  の本部でさえ3階建てである。対岸からの景色を損なうと街の価値が

  下がってしまうから、建物の高さを徹底的に制限しているのだ。

  もう一つの共通点は、コミュニティーが非常にしっかりしている

  ことだ。とくにミュンヘンはコミュニティーの強さが半端ではない。

  私のマッキンゼー時代のドイツ人ディレクターのほとんどがここに

  住んでいるが、住宅街では自宅の庭木1本さえ自由に切ることが

  できない。町内会が年に何回かヘリコプターで航空写真を撮影し、

  前にあった庭木がなくなっていると、“住民裁判”にかけられ、

  罰金を取られてしまうのだ。

  なぜなら、個人の住宅の庭木も街の景観の一部であり、

  コミュニティーの価値や隣人の住宅の価値に影響するからだ。

  したがって、自分の敷地内であっても隣家や道路から見える場所

  にゴミを置いたり、荷物を積み上げたりするのはもってのほかで、

  すぐに住民から町内会に通報され、町を追い出されかねない。

  それほど住民の相互監視の目が厳しく、コミュニティーの

  圧力が強いのである。場合によっては窮屈かもしれないが、

  それが安全・安心や清潔さ、街の景観といった価値

  =生活の質の高さ、ひいては資産価値につながっているのである。

  ※週刊ポスト2012年1月13・20日号



頑なに価値を守る姿勢は大切ですよね

新しいことを取り入れることも大切ですが

国の特色がでますよね

日本が当たり前と思っていると通用しませんもんね

でもやっぱり私は

日本が素晴らしいと思います

毎日!!あげりん
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://agerin39.blog22.fc2.com/tb.php/952-0673945a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

あげりん39

Author:あげりん39
ようこそ!!
日々あげりんな人を目指して
5年目になりました。
一緒に気持ちをあげていきましょう!
あげ~

最新記事

スポンサー

お買い物

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

あし@

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。